マーメイドドレスの特徴とは?

紹介画像

マーメイドドレスとは、

 

くびれを強調したラインのドレス

 

です。
上半身からひざの辺りまでは身体のラインにピッタリとフィットして、ひざから下は流れるようにスカートが広がっていく様なデザインです。人魚のようなイメージだとわかりやすいですね。

 

 

このマーメイドラインは自分の身体のシルエットをそのまま外見に表されるので女性らしい曲線美が強調されるのが魅力的です。
大人っぽい雰囲気を出したい人に人気が集まるドレスラインになっています。

 

マーメイドドレスが似合う人の特徴

マーメイドドレスが似合う人の特徴としては、王道ですが

 

背が高くてスレンダーな人

 

このような体型がやはり1番似合います。

 

 

でも大丈夫!!
自分の身体のラインがそのまま出るマーメイドラインは、体型に自信のある人だったり、背が高くてスレンダーな人が似合うものだと思われがちですが、最近ではボディラインをやわらかく見せるソフトシルエットのドレスなども増えてきているのです。

 

と、言う事はこのような体型の人でもマーメイドドレスは似合うのです。

 

背が細くてスレンダー
背が高くてぽっちゃり

 

なので、「背が低い」だとか「ちょっとぽっちゃりしている」と、気にしている人でも似合うマーメイドラインのドレスはあるのです。
それに、このマーメイドドレスのポイントは身長の高低よりも「姿勢」が大事なのです。

 

 

シンプルなデザインだけに、アレンジ次第では自分の個性を活かしたドレスになれることも!
大人っぽいドレスラインを着こなして、お客さんをうっとりさせちゃいましょう!

 

こんな人でもキレイに着こなすテクニックがある!

 

なで肩の人

 

オフショルダー以外であれば大丈夫!オフショルダーはなで肩を強調してしまうので注意が必要です。
ポイントを出すために肩周りにフリルやリボンなどのワンポイントなアクセントがあると良いかも!また、デコルテ部分にコサージュなどを付けてボリュームを出してもいいかも!

 

 

ウエストが太い人

 

ウエストが太いとどうしてもマーメイドラインの場合は、そのシルエットが表に出てしまいます。なので、どれだけウエスト部分を隠しながら美しく見せるかがポイントとなってきます。
そんなウエストが太くてもマーメイドドレスが着たいと言う人であれば、質の良いビスチェや編み上げタイプのドレスを選んでウエスト部分をぐっと細く作り上げるのが上手くいくポイントだと思います。

 

 

胸が大きい人

 

マーメイドドレスはスレンダーな特徴な為、グラマーな人が着る事で胸元がすごく強調した雰囲気になり、その結果、全体像が少しむっちりとした感じになりがち。
そう言った人なら、視覚の効果で小物やモチーフなどをスカートらへんに散らせれば視線を下の方へ移動させる事が出来るのです。
胸元が大きいのはあまり小さくできないので、視覚効果を使って人が見る目線をずらしてむっちりとした印象をぼやかすテクニックがあるのです。

 

 

背が低い人

 

マーメイドドレスのイメージは背が高い印象をお持ちだと思います。
ですが、今のマーメイドドレスは背の低い人でも十分に似合うドレスがあるのです。それでも着た感じはちょっと不自然だなと感じたら高いヒールなどを履いておけば大丈夫!
先ほども言いましたが、ポイントは姿勢なのです。
マーメイドドレスはスラッとしたシルエットが印象的です。なので、猫背だったりすると魅力的なシルエットが台無しになってしまう可能性があります。
姿勢さえ良くしていれば背の低い人でも十分に似合うはずです。

 

 

マーメイドドレスの歩きやすさ

 

マーメイドラインは素材にもよりますが、多少歩きにくいかと思います。

 

床がカーペットだったり大理石だったりしても歩きやすさは大きく変わってきますが。

 

もし、歩きにくいようであれば若干短めの丈にしてあげた方が無難かもしれません。

 

それか、パンプスやヒールなどを履いて床すれすれよりも少し上にしてあげる事で解消できるかもしれません。

 

 

 

 

マーメイドドレスの種類が豊富なドレス通販はコチラ!