ウエストを細く見えるようなドレスはどれなの?

紹介画像

キャバドレスを着る上でウエストラインがキュッと引き締まっていると身体のラインはすごいキレイに見えます。
でも、それが逆だったら?ウエストラインがキュッと締まらずにボヨンっとなっていたら、体のラインが真っ直ぐになってスタイルはあまり良い様には見えないですよね。

 

でも急にウエストを引き締める事もできないし・・・。

 

そんな方に朗報です!ウエストが太くてもドレス次第で魅力的なウエストラインを手に入れることが出来ちゃうんです!

 

ではどんなドレスを着ればよいのか?
ウエストラインを細く見えるようにする為には「目の錯覚」を利用するのです。

 

例えば

スカートをフレアにしたりAラインドレスなどを選ぶことでなるべくウエストラインを隠す事が出来るのです!スカートにふくらみを持たせる事で、ウエスト部分の切り替え部分との落差が大きくなり、キュッと引き締まったようなボディラインが完成する訳なのです。

 

その他にもプチアイテムを使います。
胸元だったりヘアアクセサリーなどウエスト部分とは違う部分にワンポイントとしてアクセサリーを付ける事で視線をウエストラインから逸らせる事も出来るのです。
また、当たり前の事ですがベルトを使えばウエストラインを引き締める事もできますね!

 

やり方次第ではウエストラインを作ろうと思えば作れちゃうのです。

 

 

”ウエストラインを隠す為にも着痩せする色を使う!”

 

使う「色」によっても印象はガラりと違ってきます。
色の組み合わせによっても着痩せして見えたり少し太ったように見えたりするものです。
もし、ドレス選びでドレスカラーをどうしようか迷った場合、自分のコンプレックスを解消できるようなドレスカラーを選んだほうが断然良いですよね!
今回は「着痩せ」を印象付ける色合いをご紹介したいと思います。

 

着痩せをイメージする色は ネイビー です。

 

もしなければ寒色系を選ぶことをオススメします。

 

ネイビーや寒色系の色って言うのは、身体のシルエットをはっきり見せる効果がありますが、実際よりも遠い所にいるような錯覚を与える効果があるのでそこがポイントなのです。

 

それによって、見た目を「着痩せ」しているようなイメージを印象付ける事が出来るのです。

 

また、トップもスカートも同系色を選ぶことでも更に着痩せ効果があるのです。
同系色なので、「ネイビーとブルー」、「ネイビーとブラック」、「ブルーとブラック」またはトップもスカートも同じ色でも構いません。

 

意外と知らない「黒」は着痩せしない!?

 

ドレスの着こなしで「着痩せするのは黒でしょ?」そう思い込んでいる方は要注意ですよ!

 

意外と知られていないですが、黒はあまり着痩せしない色だったのです。

 

黒は比較的どの色の組み合わせにも使いやすい色で着痩せ効果もあるから一石二鳥!とならないのです。

 

「黒」は身体のシルエットをはっきりと見せてしまうため、身体のラインがそのまま出てしまうので自分のシルエットをそのまま出している状態なのです。
特に、全身黒で固めてしまうと自分のスタイルをそのままくっきりと浮かび上がらせる事になってしまうのです。
もし、ウエストラインが気になる方だとそのまま気になるウエストラインが浮かんできてしまい、寸胴体型に見えてしまうことも・・・。

 

 

 

 

ウエストラインが太い方にオススメなキャバドレスはコチラ!